• BLACKASPA

BLACKASPA と SATELLA2 はどちらも無料視聴をうたっているが何が違うの?


一般的な無料視聴は機器を販売することで利益を得る反面、運営コストを負担しなければなりません。販売を促進するためには安い価格での提供も必要です。


売り上げが停滞して来ると当然アフターサポートも貧弱になり、最終的には突然市場から姿を消してしまいます。



良質なアフターサポートを継続できるかどうかが今後の無料視聴に課せられた課題となります。


BLACKASPAの技術的解析力とシステムの運営能力は5年間の実績で皆様にもご理解いただいてる通りです。トラブル時の早急な対応、カスタマーの質問にもメールで


確実にお答えするなど他の無料視聴にはない体制を敷きホームページ上でも告知やPR活動を精力的に行ってきました。


今回放送事業者が過去に例のない受信対応を行なったことを考えるとこれで最後とは思えません。手を変え品を変えて対応して来るものと考えています。


BLACKASPAも開発人員や解析装置を増やしてこれらに打ち勝っていかなければなりません。従来は変更がないという想定で開発コストを固定化し関連商品などの


価格に上乗せする仕組みで供給してきました。今後新たに解析やソフトの開発が必要になった場合も放棄せず取り組んでいきたいと新しい運営計画を立てました。



いつ変更が起こるか、いつ放送自体が終焉するかも予測できない商品に数万円の固定費を負担いただく方式から、現在主流となりつつあるサブスクリプション


方式に変更したいと計画を立案中です。 期間や予算を考えてカスタマーにコスパが良いと思っていただけるようなBLACKASPAと消費者双方が合理的で満足できる


ウインウイン方式を構築していきたいと願っています。


閲覧数:1,142回0件のコメント

最新記事

すべて表示